2016年5月23日月曜日

RCS第5戦(東京サマーランド)

5月21日に東京サマーランドで開催されたRCS第5戦に参加しました。RCSはランバイクレース界の全日本選手権とも言えるハイレベルなレース。今回のレースは、8月生まれのテンマにとっては月齢的に有利なタイミング。A決勝進出を目標にこれまで頑張って練習を積んできました。さてさて、結果はいかに~?

天気は快晴で絶好のレース日和。

会場に着くなり問題発生。グローブの片方が無い!バッグや車内をひっくり返して探すも見つからず・・・ 結局、現地でグローブを調達。残念ながらプロテクター入りの社外品の在庫はなく、このタイミングでストライダー純正品をお買い上げ。もったいなすぎる・・・(泣) (グローブは自宅の玄関に落ちていました)

試走。暑いためかやたらと水分を要求してくるテンマ。脚もあまり動いておらず、イマイチ乗れてない。大丈夫かなぁ・・・


予備予選

悪くないスタート

出だしは調子が良さそうに見えたものの、

1コーナーから先のテクニカルセクションでコーナー毎に次々と抜かれ、あっという間に最後尾まで後退。その後も脚が動いておらずダラダラと走って8位/9人でゴール。あまりにも予想外の結果に思わず喝!!今思えば、このときかなりきつくあたってしまったのかも・・・

本予選

気を取り直して本予選。ここからが本番。
バッチリスタートダッシュを決め、

3番手で1コーナーへ。このままゴールして予選突破かと思うも、予備予選同様に後半に次々と抜かれ、5位/8人で予選敗退。ここ最近の成長とレース結果を考慮すると、期待と結果のあまりの落差に目の前が真っ暗に。

敗者復活

いよいよ後がなくなった敗者復活戦。上位2名に入れば準決勝に駒を進めることができます。

しっかり集中して・・・・ シグナルと同時にダッシュ!

2番手で1コーナーへ。このままゴールすれば復活できると思った矢先、先頭を走ってた子と一緒に途中でコースを見失い立ち止まってしまうというアクシデント発生。その間に抜かれてしまい、コースに復帰した頃には時遅し。3位でフィニッシュしテンマのレースは終わりました。

<お詫び>
ゴール後、オフィシャルの方々に対し「コースがおかしい!」との抗議をしてしまいました。スタート地点から見えづらいところでの上記アクシデントの発生が理由でしたが、確認の結果、テンマを含めた2人がミスコースをしたということであり、たいへん失礼なことを言ってしまいました。その場に居合わせた皆様、申し訳ありませんでした。

-------------------------------------------
★リザルト(3歳クラス)
 予備予選  8位(4UP)
 本予選   5位(4UP)
 敗者復活  3位(2UP)
-------------------------------------------

その後・・・

不完全燃焼のまま終えた今回のRCS。レースの前後に過度の期待とプレッシャーをかけてしまったことが原因です。父親でありレースサポーターでもある私の落ち度がすべて。

スタート前の表情。目が死んでます。それでも期待に応えようと、必死に走ったんだと思います。その証拠に後でサイコンを見ると、最高速度についてはベストに近いものが記録されていました。

帰宅後、夕食も食べずダウン。38.5度の発熱でした。レース後「寒い・・・」とか言ってたので、レース中も辛いのを我慢してたのかもしれません。子どもの体調の異変に気づいてやれず、さらに追い込みをかけ、結果に対してあーだこーだネチネチと。申し訳なさの気持ちでいっぱいです。
 
当然、翌日のRCS第6戦は棄権。3歳クラス最後の東京サマーランドラウンドだっただけに残念ではありましたが、今回の事をしっかり反省して次につなげていきたいと思います。
 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿