2016年2月21日日曜日

ストライダー室内練習機制作

ネット上でストライダーの室内練習機なるものを発見し、これはいいなと思い自作することにしました。

室内練習機1号。フロントフォークとリアブレーキ取り付け穴を使って車体を固定します。

<材料>
・板(50cm×90cm ウレタン防水加工済み)
・前輪用L字ステー×2(15cm ステンレス)
・後輪用L字ステー×2(12cm ステンレス)
・各種ボルト、ナット類

ストライダーカスタム(ハンドルバー変更)

ストライダーで速く走ることにおいて最も重要なのは、ハンドルとシートのセッティングです。どんなに高価なパーツで武装しようとも、これらのセッティングが出ていないと足で地面を蹴る力が効率的に伝わらず、無用の長物と化してしまいます。そこで今回のテーマはハンドルの高さについてです。

これまで使っていたのは写真のライザータイプのカーボンハンドル。昨年11月にハンドル長を見直したのですが、それでも「ハンドルが少し高いのではないか?」とのアドバイスをいただきました。ライザータイプなので取り付け角度でハンドル高は変更できるのですが、前後の距離が変わってしまうことを嫌い、単純にハンドル高を下げられるストレートタイプのハンドルバーを探すことにしました。

チームメイトのケンタ君よりストレートタイプのカーボンハンドルバーを譲っていただきました。ありがとうございます!

RCS第2戦(東京サマーランド)

遅くなりましたが、1月24日に東京サマーランドにおいて開催されたRCS第2戦のレースレポートです。
今回は初めての母子参戦。残念ながら私自身は仕事の都合で一緒にレースに臨むことができず、写真のみのレポートになります。



ダウンジャケットを着ていないと耐えられない寒さ。

強風でテントが吹き飛ばされるというアクシデントもあったとか・・・(汗)

DREAM GAMES和光大会

だいぶ遅くなりましたが、1月10日に埼玉県の和光樹林公園において開催されたDREAM GAMES和光大会のレースレポートです。


年末に練習中に顔面を強打し、慌ててフルフェイスヘルメットを購入して臨んだ2016年最初のレース。

今回はヘアピン中心のコンパクトなコースで、ライン取りがよく分かっていないテンマにとっては苦手なレイアウト。

2016年2月11日木曜日

さようなら、クックたん

ストライダーキッズにとって靴は消耗品です。特にレースをやってる子の中ではこれは常識。ブレーキが付いていないストライダーは、靴を地面に擦りつけて、その摩擦でブレーキをかけるためです。


昨年8月頃から使っていたこの靴ですが、

数カ月でこんなにボロボロに。つま先に穴が空いてしまいました。天馬は「クックたん!クックたん!」と2歳の頃から愛用してきた靴でしたが、このタイミングでバイバイすることにしました。

新調したのはアキレスの「瞬速」。サイズは16.0cm。

ペースが上がってくると靴の消耗も早くなってきます。靴の消耗に備えて複数の予備シューズを用意していますが、履き心地が違うのか、やはりメインで使うシューズが一番使用頻度が高く、一番速くて、本人も気に入ってるようです。
小さいのに大人のシューズ並みの値段がする子供向けシューズ。あっというまに摩耗してだめになってしまいますが、走りに直結する部分なので、本人が走りやすいものに拘っていきたいですね。