2015年3月31日火曜日

ストライダーカスタム(カーボンシートポスト&ナローサドル)

先日、軽量なカーボンシートポストを譲っていただいたので、シートの軽量化に着手しました。

ロングタイプのものなので、シート高を低くすると、突き出した部分が地面に接触してしまい危険。

もったいないけど、80mm程切断して使うことにしました。

高価なカーボンパーツを切断するのは初めて。手が震えます・・・(((;゚Д゚)))

これまで装着していたDADDYLABのシートポストとサドルが390g

それに対し、カーボンシートポストと純正サドルで176g。なんとこれだけで214gの軽量化!


ちなみにカットした部分は13gの軽量化に寄与してます。

参考までに純正のシートポスト(鉄)は単体で217gとズッシリ。

純正のシートポスト(アルミ)は単体で77g

今回装着したカーボンシートポストは単体で34gと軽さは歴然です。

劇的に軽くなったものの、純正サドルのルックスはイマイチ。ママチャリみたいでぶちょっとしててスマートじゃない。また、横幅が広いため、後ろにまっすぐ蹴り上げるフォームが取りづらいというデメリットもあるようです。


そこで、ストライダーのレースでは定番の純正サドルのナロー化加工をお願いすることにしました。

純正サドルの裏側の骨格部分(プラスチック)にニッパーで数か所切れ込みをいれ、

サドルの裏面のプラスチック部分をバーナーで加熱。

熱が冷めないうちにギュッと握りしめながら手作業で整形。あっというまにスリムに。

ややケツ上げで、自然に前傾姿勢とれる形に加工していただきました。 ありがとうございます!

ママチャリみたいだった純正シートがスリムに。

お尻へのフィット感も上々の様子。DADDYLABのかっこいいサドルも捨てがたいけど、本人はふかふかのシートの方が好きみたい。

しっかりと真後ろに蹴り上げることができています。ただ、ちょっとシート高が低いかな?

他の子達が使っているナローサドルと比べるとまだ太いので、今度再加工にチャレンジしてみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿