2015年2月8日日曜日

ストライダーカスタム(アクスルナット交換)

足を蹴り上げた際に靴がリアのアクスルナットにヒットするようになってきたので、アクスルナットをスリムタイプに交換することにしました。

ちなみに純正アクスルナットはこんな感じでかなり外側に出っ張っています。(写真はフロント)

DADDYLABのスリムナットに交換することにします。アルミ製なので軽いです。



純正と比べるとこのとおり。

実は使用しているDADDYLAB製のホイール(SDL-B-WT)には非対応。若干隙間ができてしまいますが、性能上は問題なし。(※装着する際は自己責任でお願いします)

うん!赤くアルマイト加工されたアクスルナットがアクセントになってかっこいい。

ちなみにDADDYLABのディスプレイスタンドは純正アクスルナットに引っかけるタイプなので、スリムナットには対応していません。無理やり引っかけることもできますが、かなり不安定。

とはいえ、かっこいいスタンドなので諦めきれずチョイ加工。もともとついているネジを長いものに交換し、向きを逆(内側)にして装着。

本来の使い方ではありませんが、こんな感じでネジがフレームを支えてくれるようになるので、それなりに安定します。バイク用メンテナンススタンドの原理と同じですね。ご参考までに。

0 件のコメント:

コメントを投稿