2015年2月15日日曜日

ストライダーカスタム(フレーム鏡面加工②)

前回の続き。全体的にまだ磨きが足りなかったのでさらに研磨。

青棒(仕上げ用研磨剤)の前に、ピカールで下地作り。

なかなかきれいに仕上がりました。

鏡面加工をすると、アルミはすぐにくすんだり錆びたりするので、クリア塗料で塗装することで劣化を軽減することにします。






・・・・・が、失敗。


クリアを吹くと光沢感が若干失われることは知っていたものの、想定以上にくすんだ銀色になってしまいました。ムカついて写真撮ってません。これじゃ意味がないので、再度剥離剤を塗ってやり直し(泣)


結局、またもや半日仕事でここまで磨き上げました。

アルミ素地むき出しよりはいいだろうと、バイク用に使っているワックスで仕上げ。Plexsusのラベルが映りこんでます。美しい~

とりあえず、これにてフレームの鏡面加工は終了。個人的には70点といったところ。メインフレーム下部にバフ焼けができてしまっているので、そのうち修正します。

0 件のコメント:

コメントを投稿