2015年2月12日木曜日

ストライダーカスタム(フレーム鏡面加工①)

ストライダーには色々なカラーリングがあるのですが、レースベース車として人気の高いストライダープロはシルバー一色。純正カラーで乗ってる子が多くて、これだと目立たないいんですよね。というわけで、少しでも個性を出すということで、フレームの鏡面加工(バフ掛け)にチャレンジしてみました。

施工前の車体。ステッカーを剥ぐとさらに地味~

マンションのバルコニーにブルーシートを敷いて作業をすることにします。



まずはフレームの塗装を剥ぐところから。スプレータイプの剥離剤をチョイス。

シュッと吹きかけると、20秒ぐらいでこのとおり。

どんどん塗装が浮き上がってきます。よっぽど強力で身体に悪い成分なのでしょう。

浮き上がってきた塗料のカスはスクレーパーで面白いように剥がれていきます。

ものの10分程度でフレームの素地があらわに。ここからが本番。

昔は気合いと根性の手作業でバイク用パーツを磨いていたものですが、さすがに今回は道具に頼ることにします。今回使用したのはディスクグラインダー用のアタッチメント「サイザルHGバフディスク」。「オフセットサイザル」の方が評判が良いみたいですが、近所のホームセンターに在庫がなかったのでこれで代用。

研磨剤はバフ掛けでおなじみの青棒。

ウイィィーーン!!とフレームを磨いていきます。手磨きとは比べ物にならないほど早く仕上がります。昔苦労していたのは何だったんだろうか・・・

日が落ちてきたので今日はここまで。ここから先は部屋の中で手磨き。

手磨きで使う研磨剤はおなじみのピカール。昔からピカール大好きです。

天馬も見よう見まねでお手伝い。

半日仕事でこのとおり。手とウエスは真っ黒。疲れた・・・。

それなりに光沢が出てきましたが、鏡面には程遠い仕上がり。週末にもう一度グラインダーで磨いて仕上げるつもりです。

それでも、ずいぶん雰囲気が変わりました。カッコイイ!

結局、手磨きだけで3時間。どこで妥協するか難しいところですよね。

頑張った自分にご褒美のヱビス。

やはり、アルミフレームを見ると磨きたくなるのはバイク乗りの性(さが)でしょうか。写真は昔乗っていたRG400ガンマ。当時はディスクグラインダーなんか持ってなかったので、ピカールを片手えにひたすら磨いていました。今思えば一番愛着があったバイクかも。そういう意味では、天馬のストライダーには相当な愛情を注いでます(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿