2015年1月2日金曜日

ストライダーカスタム いきなりフルチューン!?

2015年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。新年早々ちょっと景気の良いネタです。

今日は福袋を買いに朝からイオンモール武蔵村山店へ。8時開店だったらしく、10時には人でごった返してました。

ストライダーを取り扱っているムラサキスポーツに寄ったところ、マスコットキャラクターのパープル君がいたので記念にパシャリ。

社外品のスポークホイールかぁ・・・ 欲しい~


買っちゃった!!(DADDYLAB製のスポークホイール&KENDA製オンロードタイヤ)

重さは約800g

ちなみにノーマルは400gと軽量。400g×2綸=800gの重量増となってしまいます。

タイヤの厚みが増した分、車高も若干上がります。

それでも社外ホイール&ゴムタイヤに交換すると、グリップや直進安定性など多くのメリットがあり、多くのストライダーキッズがレースで使ってるとか。それにしてもブラックのスポークが美しい。

天馬とニヤニヤしながら眺めていたら、「全体的にブラック系になったからハンドルの白がイマイチだよね」と横から妻の一言 ( ̄□ ̄;)!!


とりあえずグリップだけでも黒にしようと、再びムラサキスポーツへ。しかし残念ながらノーマルハンドルの径に合うグリップは無く・・・

結局ハンドル回りを社外品で一新することにしました( ̄∇ ̄)

ストライダープロ専用のステムアダプタ。これがないと汎用品のバーハンドルは取り付けることができません。

ステム。ホイールと同じくハンドル回りもDADDYLAB製で統一することにします。

グリップ。ねじ止めができるのが良い感じ。これならバイクのようにグリップをワイヤリングする必要もないしね。

ハンドル回りを一新すると一気に高級感が出ます。美しい。

ハンドルバーもマッドブラックで統一。

ついでにサドルもレーシーなものに交換。

座面の角度や位置を調整することができ、前傾姿勢を取る際に最適なポジショニングが可能。

ノーマルシートと比べるとこのとおり。まさにママチャリとロードレーサー。金属部分はすべてアルミで超軽量です。

最後の仕上げにパープル君のステッカーチューン。

うん!一気にかっこよくなりました。安っぽさがなくなりマッドな仕上がりに。

 ちなみにこれがノーマル。

ストライダープロなので、もともとレーシーなスタイルですが、比べるとやはり違います。

 すっごくレーシー。これで遅いとかっこ悪いな・・・(^^;)


さっそく元旦の誰もいない公園で試乗。

タイヤの転がり抵抗が少なくなり、オンロードでは速度が上がって慌てることも。

前輪が重くなり、ハンドル幅が変わったこともあり、ちょっと戸惑っていました。一気にいろいろ変えてしまったのが良くなかったんだと思います。その点は反省です。レースでは前輪だけ敢えて軽量のノーマルタイヤを使うこともあるそうなので段階を踏んでゆっくりやっていこうと思います。

それでも気に入ってくれたみたいでよかったです。

家の中で自分のマシンの写真を撮りまくりでした。


ちなみにカスタムにかかった費用は25,000円。この手のものにはありがちな、ベース車両よりもカスタム費の方が高いというパターンです。おかげで今月のこづかいはほとんど使い果たしてしまいましたが、子供のことを思うと不思議と苦ではないですね。なんだか10年前、食費を削ってまでバイクレースに打ち込んでたころを思い出します。

0 件のコメント:

コメントを投稿