2014年11月4日火曜日

abicase レザーケース iPhone 6

iPhone 3GSの頃から頑なに「iPhoneは裸が一番!」を貫いていましたが、大人心をくすぐる素敵なケースに出会ってしまいました。

abicase レザーケース iPhone 6用(ブラック) 13,230円
値は張りますが、すべて手作りの本革一品物というのが魅力的。デザインも類を見ない個性的なもの。



iPhone 6は角が取れて丸みを帯びたデザインになり、手に馴染むようになった一方で、手のひらやポケットから滑り落ちる危険性が増しました。裸派の自分としては苦渋の決断でケースを探すことにしたわけです。

ネット上のレビューを見るとかなり評判が良かったabicase。こんな感じの包装で届きました。猫のイメージキャラクターが可愛らしい。

 本革ということでメンテナンスの仕方が丁寧に書かれています。

ケースの内側にはカードやお札をはさめるポケットがあり、Suicaを収納しておサイフケータイ代わりにしています。ガラケーから離れて久しいですが、携帯電話のタッチだけで駅の改札を通れるのは本当に便利です。

SuicaなどのICカードを使用する場合は、別売りの電磁波遮断シートをお忘れずに。

背面のポケットに収納することも可能ですが、このように出っ張ってしまってデザイン的にイマイチなのと、厚みが増してしまうのでお勧めしません。

abicaseの特徴としてあげられるのは、側面がオープンなデザインになっていること。背面が分厚く覆われてしまうのは仕方ありませんが、それ以外は極めて裸に近い見た目というのが面白いですね。

端子面もこのとおりすっきりとしたデザイン。付属のストラップは着脱可能です。個人的にはストラップはあまり好きではないのですが、本革でかっこいいのと意外と便利なのでしばらくこのまま使ってみるつもりです。

レザーケースなのでどうしても厚みは出てしまいますが、革のあたたか味の恩恵なのかあまり違和感はありません。むしろグリップして持ちやすくなりました。しっかりと守ってくれるので、気軽にiPhoneを机に置いたり、ポイポイ投げたりできるようになりました(笑)

お気に入りのレザー用品達。エイジングによる色の変化が楽しめる飴色やキャメルも捨てがたかったのですが、昔から小物はすべて黒で統一してきていたので、今回もブラックを選択。かっこいいでしょ?(^^)

良いことばかり書きましたが、敢えて悪いところをあげるならば、よく出回っているシェルカバータイプのものと比べるとどうしても大きくなってしまうため携帯性は悪くなります。ワイシャツの胸ポケットはダメですね。ジャケットの内ポケットかパンツの後ろポケットに入れて持ち歩くことになります。ただ、iPhone 6になった時点でこの辺の使い勝手に大差はないと思いますが・・・

実はabicaseを購入する前に透明タイプのシェルカバータイプのものを試してみました。たしかに見た目はiPhone 6本来のデザインを生かしたものになっていますが、手に取ったときに分かる安っぽいプラスティッキーな肌触りと、日に日に増えていく小傷に我慢できなくなってしまい、3日で外してしまいました。

これまでずっとAndroidではなくiOSデバイスを選んでいる理由としては、性能や機能よりも工芸品としてのクオリティの高さが一番大きいです。アルミやガラスの質感がたまりませんね。同様な材質のケースとなると、なかなか本体を超えるものが見つからないのが実際のところ。本体とケンカせず質感を出せる素材といったら革製品ぐらいだと思っています。

abicaseを使い始めて1カ月程経ちましたが、特に不具合はなく満足しています。長く大切に使っていくつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿