2014年5月4日日曜日

鉄道DAY ~都電もなかを買いに~

最近、天馬が夢中になっているのは、アンパンマンや仮面ライダーなどのヒーローではなく、プラレールをはじめとする玩具の紹介で人気のがっちゃんというYouTuber。

ザ★がっちゃんねる
親子で相当気合いの入った動画を配信しています。

↓これが最近夢中になっている都電もなかの動画。





自分が好きな動画をみているときの集中力は半端じゃない(笑)


というわけで、今日は家族で都電もなかを買いに都心へ。

都電荒川線。東京で唯一残っている路面電車です。



住宅地を走ったり・・・

道路を車と一緒に走ったりと、さまざまな景色が楽しめます。四国出身なので、高知や松山で路面電車には慣れ親しんでいるのですが、東京都内を走っているというのがミソですね。

早稲田~三ノ輪橋まで全区間制覇するぞっ!ということで一日券(400円)を購入。

都電荒川線梶原駅を下りてすぐの「都電もなか本舗 有限会社明美製菓」

これが噂の都電もなか。10個入りで1,491円。お土産にどうぞ。

隣の駅には都電荒川線の車庫

その横には子供たちが遊べる「都電おもいで広場」

荒川遊園地駅を下りると、そこには大正11年開園の老舗の遊園地「荒川遊園地」

園内には鉄道のジオラマもあり、子供たちでにぎわっていました。

園内を走る豆汽車

都電荒川線沿線の街並みは全体的にレトロな雰囲気。これがまた良い味を出しています。

王子駅前にある飛鳥山公園の入り口

全長48m、2分の日本一短いモノレール「アスカルゴ」

飛鳥山公園は、徳川吉宗が江戸っ子たちの行楽の地とするため、飛鳥山を桜の名所にしたことが始まりなのだとか。

緑いっぱいの公園内には子供たちが喜ぶ遊具がたくさん。蒸気機関車のD51も飾られています。

都電荒川線の車両も展示されています。

ここで、さらにうれしい誤算。ここ飛鳥山公園は都内で有名な新幹線の展望スポットなのだとか。

新幹線E2系電車「はやて」 こういうときに限って望遠レンズを持ち合わせておらず・・・。悔しい!

新幹線E3系電車「つばさ」

新幹線E1系電車「Max」

新幹線E6系電車「こまち」 天馬に初めて買ってあげたプラレールです。

新幹線E5系電車「はやぶさ」 天馬も大好き。

 「こまち」と「はやぶさ」の連結。まさに子供たちにとってヒーロー的存在の共演。


歓声をあげて見入っている子供たち。まぁ、気持ちは分からんではないが(笑)

新幹線だけでなく、在来線もひっきりなしに通過します。まるでプラレールを眺めているかのよう。鉄道好きの子供にとっては、まる一日楽しめるスポットだと思います。

先日運行を開始したばかりの新幹線E5系電車。実車を見たのは初めてだったのでラッキーでした。とにかく鉄道三昧の一日でした。次は実車の新幹線に乗せてあげたいですね。


<都電もなか開封の儀>
紐をほどき、丁寧に包み紙を外します。

包み紙には都電荒川線の路線図が描かれています。

都電荒川線の車両の形をしたもなかの箱。これが10個入っています。

中身はこんな感じ。残念ながら天馬はまだ食べられません。

とはいえ、念願の都電もなかを手に入れてご満悦の様子。