2013年11月2日土曜日

ホームシアターシステム HT-CT660

ついに我が家にもホームシアターシステムを導入しました。購入したのはソニーのHT-CT660。3万円台で買えるエントリーモデルです。
元々は、天馬に音楽を聞かせるために小型のBluetooth対応スピーカーを探していたのですが、Bluetooth対応のホームシアターシステムということで、これに決めました。

中身はサウンドバーとサブウーファーですが、意外と箱が大きくてびっくり。

設置するとこんな感じ。テレビは独身時代から使っている32型のREGZA。完全にスピーカーに負けてます。いずれは50型以上のテレビが欲しいなぁ・・・



サウンドバーとサブウーファーの接続はワイヤレス。テレビやブルーレイレコーダーとの接続はHDMIケーブル一本。昔はごちゃごちゃと色々なケーブルを繋いでいたのに・・・ 便利な世の中になったものです。

小さなスピーカーなのに結構いい音出してくれます。もちろん高級オーディオには遠く及びませんが、テレビ、ゲーム、映画鑑賞用途なら十分。スマートフォンやタブレットとも簡単にBluetoothでペアリングできるので、気軽に音楽が楽しめます。また、音楽だけでなく、「太鼓の達人」「怒首領蜂」「ファイナルファンタジー」などお気に入りのスマホゲームが大音響&高音質で楽しめるのはうれしい誤算でした。

おまけの写真。独身時代のオーディオ環境はこんな感じでした。1974年から1997年までの23年という長期間にわたり販売されたヤマハの名機NS-1000M。良い音を出していましたが、狭く壁の薄い社宅では近所迷惑かつ邪魔になるということで、結婚を機に手放しました。

どんどん小型化が進む最新のデジタルオーディオ機器と、古き良き時代の大型アナログオーディオ機器。都会の住宅事情を考えると前者を選ばざるを得ないのですが、いずれは高級オーディオ機器でリスニングルームなんかを作ってみたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿