2013年7月25日木曜日

日経新聞とiPad

職業柄、読まざるを得ない状況になってしまったということもあり、2年ほど前から日経新聞を購読しています。難しい経済用語のオンパレードで何度も挫折しそうになりましたが、今ではモーニングコーヒーを飲みながら優雅に(?)日経を読むことが日課になっています。

紙と電子版をフル活用しています。通勤中にiPadで記事のタイトルのみを確認し、気になるものをマーキング。電子版だとキーワード検索も可能なので、大事な記事を見落とすことがありません。マーキングした記事については、会社に着いてからゆっくり紙面でチェック。これが長続きしている秘訣です。これだけの膨大な記事を最初からガッツリ読むなんて時間はありませんからね。

実際の紙面とiPadを比べるとこのとおり。このサイズで紙面全体が見渡せるのは非常に便利です。そして何よりもページ送りが楽。狭いオフィスの机や電車だと紙をめくるのは困難ですからね。iPadですら取り出すことが難しい満員電車では、ひと回り小さいiPhoneで読むことにしています。
時間・場所を問わず記事を読むことができる電子版は仕事効率化の観点でも有用です。

とはいえ、紙には紙の良さがあります。高解像度のRetina displayとは言え、まだまだ視認性については紙に軍配が上がります。また、気になる記事のスクラップを作ったり、アンダーラインを引くなどといった使い方は現行のiPad(厳密には日経電子版アプリ)では難しいです。当分は電子版と紙を併用することになると思います。

ちなみに、新聞を3つ折りで持ってしまうのは、中学・高校のことにやっていた新聞配達のアルバイトの癖。当時は「日経は分厚くて配達が面倒。こんなつまらない記事誰が読むんだ!」なんて思っていましたが、公私ともに役立つ情報の宝庫なんですよね。もっと早いうちから読んでおけばよかったなと後悔しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿