2012年12月21日金曜日

ソフトバンクiPhone 5のテザリングを試してみた

遅ればせながら、12月15日に解禁となったソフトバンクiPhone 5のテザリング機能を試してみました。まぁ、この手の記事はいろいろな方が書いているので、詳細な手順は割愛します。

iPad Cellularモデル(第3世代)からiPhone経由でインターネットに接続してみます。


iPhoneのインターネット共有機能を有効にすると、画面上部に接続中である旨が表示されます。当たり前ですが、テザリング機能使用中は他のWiFiネットワークには接続できません。3GかLTEでのインターネット接続になります。
iPhoneとiPad間はWiFi、Bluetoothいずれか方法で接続することができます。(クライアントがPCやMacの場合はUSB接続も可) 通信速度を優先するならWiFi、バッテリーの持ちを優先するならBluetoothを選択するとよいでしょう。以下にそれぞれの通信速度測定結果(ダウンロード)を示します。

 

Internet <-- 3G/LTE --> iPhone <-- WiFi接続 --> iPadの場合

LTE圏内で4.24Mbpsとそこそこの速度が出ています。電波が3本しか立っていない状態なので、都心ならもっと速いのかもしれません。ただ、WiFiはスピードにバラつきがあるのと、接続の際にもたつきがあったりと少々不安定です。また、iPhone側のバッテリーの減りもBluetoothと比較すると早いです。
 

Internet <-- 3G/LTE --> iPhone <-- Bluetooth接続 --> iPadの場合

1.39MbpsとWiFi接続には劣りますが、ちょっとニュースサイトやFacebookをチェックするぐらいであれば、問題なく使用できるレベルかと思います。初期接続時、および再接続時のiPhoneとiPadのペアリングは一瞬で完了します。また、バッテリーの持ちも良く、iPhone単体でブラウジングしている時と同等かと思います。iPadとの組み合わせであればBluetooth接続をお勧めします。
 

考察

iPhoneのテザリング機能はかなり優秀です。簡単な操作でインターネット共有ができてしまうので、もうモバイルルーターは不要です。
テザリングにより、出先でノートPCの他にモバイルルーターを持ち歩かなくて済むというところが大きなメリットです。iPhoneは電話として常に携帯しているので、荷物としてカウントしませんし、いざという時に忘れることはありません。(CellularモデルのiPadを選択したのもこの理由)
また、複数のデバイスのバッテリー残量を気にする精神的負担が軽減されるところもポイントです。

私のITガジェット達(iPhone 5、iPad Cellularモデル、Pocket WiFi、ZENBOOK)

現在iPhone、iPad、Pocket WiFiの3回線を契約していますが、テザリングの解禁によりPocket WiFiを解約することにしました。iPadについても、iPhone経由でのインターネット利用がストレスにならないようであれば、解約してWiFiモデルとして使用することを検討中です。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿