2012年7月31日火曜日

RECAROのチャイルドシート装着!

もうすぐ第一子が誕生します。
あと1~2週間でパパになるんです。というわけで、我が家の車にもチャイルドシートを着けることになりました。正直なところ、ベビー用品には全く興味がなかったのですが、ベビーザらスでコイツを見かけて一変。
IMG_1962
RECARO Start Sr 54600円
RECAROですぜ~!!あのRECAROがチャイルドシートも手掛けてたなんて。モータースポーツ好きにはたまらないアイテムです。他メーカーのものより2万円ぐらい高かったですが、妻の反対を押し切って購入しました。今月の小遣いを削ってでも絶対にこれにするっ!と(笑)

ハイエース リアシートベルト装着

普通車に乗っている人には「へ?」って感じですが、ハイエースバンのリアシートにはシートベルトが着いていないんです(現行型は道交法改正対応で標準装備)。もともとバイクを積載するためのトランポ用途で購入した車なので気にしていなかったのですが、そうも言っていられない状況になりました。
IMG_1976
ちなみにリアシートベルトはディーラーオプション。左右は3点式、センターは2点式です。工賃込みで33600円でした。

2012年7月28日土曜日

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

今日は近所の花火大会。昨年は震災の影響で開催されませんでしたが、今年は一昨年と同規模で(5000発)での開催。

自宅の窓からこんな感じで観ることができます。今年は同じ社宅に住んでいる同僚家族を家に招いて鑑賞しました。

やはり、花火の撮影は難しい。夜景モードを使っても手振れがひどくてうまく撮れません。三脚はマストか・・・。

クーラーが効いた自宅で酒を飲みながらの花火鑑賞。最高です。

2012年7月17日火曜日

新しいiPad

去年の12月にiPad 2(Wi-Fi + 3Gモデル 64GB)を購入したばかりですが、我慢できずにとうとう新しいiPadに手を出してしまいました。
IMG_1953
Wi-Fi + Cellularモデル 64GB
ずっとiPad 2の解像度の低さにストレスを感じていました。いち早くRetina Displayを採用したiPhone 4SとiPad 2を比較すると雲泥の差。極端な例えですが、2世代前のiPhone 3GSを使用している感覚に近いものがありました。iPhone 4SとiPad 2ではディスプレイのサイズが大きく違うものの、細かい文字が多いWebサイトやPDF文書を閲覧する際のピンチアウト操作の頻度に大差ないのが現状でした。

IMG_1952
Retina Displayの性能はすばらしいですね。これまで拡大操作なしでは読めなかった新聞記事もそのまま読めます。PDF文書については紙より閲覧性が良く、目が疲れません。慣れとは恐ろしいもので、1600×900ピクセルのZENBOOKの画面ですら不満を感じるようになってきます。
発売当初から「iPad 2と比較して革新的ではない」などと言われていますが、新しいデザインや機能を搭載することよりも難しいことをアップルはやってのけたと思います。他社がCPUの高速化や機能追加に躍起になっているなか、ディスプレイという基本的なユーザーインターフェースの改善に目をつけたアップルはユーザーのニーズをしっかりと把握していますね。先日Retina DisplayモデルのMacbookが発売されたことにより、今後はこれクラスがデファクトスタンダードとなり、他社も追従せざるを得なくなったと言っても過言ではありません。
”デジタルと紙の融合” これこそが私が求めるモノですが、新しいiPadによってまた一歩進んだ気がします。

2012年7月16日月曜日

アトピー性皮膚炎

2カ月ほど前から全身が乾燥気味で痒みが出ていたのですが、日に日にひどくなり、顔が真っ赤に。さすがにまずいと思い病院に行ってきました。診断の結果、アトピー性皮膚炎とのこと。アトピーは幼児がかかる病気だと思っていましたが、様々な原因で大人も発症するのですね。

左頬から耳が赤く腫れて皮膚がボロボロになっています。

2012年7月9日月曜日

i-story 栃木オイルレザー RHODIA No.11用メモカバー

日常のメモにはRHODIA No.11を使用しています。機能性や作り込み度合を比較すると、国産のSHOTNOTEの方が断然上なのですが、やはりフランス製の輸入文具というブランドと特徴的なデザインに魅かれました。
RHODIA No.11はちょうどワイシャツの胸ポケットに入るサイズということで、ずっと裸で使っていたのですが、やはりカバーをつけておしゃれにきめたい。ということで、今回購入したのはこれ。

i-story 栃木オイルレザー RHODIA No.11用メモカバー

No.11のカバーは縦開きのものがほとんどなのですが、これは珍しい横開きタイプです。左側にメモ帳をセットできるところもポイント。左手で支えながら右手で書くわけですから、必然的にこのレイアウトになります。