2011年10月24日月曜日

美しきクロアチア・スロベニア9日(2日目)


10月13日(木) ブレッド湖畔~ポストイナ鍾乳洞 


初日はあいにくの天気でした。
午前中はブレッド湖畔の観光地を散策。

バスで最初の目的地「ブレッド城」へ。

ブレッド湖畔にそびえ立つブレッド城。天気が良ければ向こう側にアルプス山脈が見えるとか。

最初に訪れたのはブレッド城。
日本古来の木造建築ではなく、石造りの城壁が印象的でした。
こぢんまりとしたお城で、城内は小さな博物館になっていました。





ブレッド湖に浮かぶ「聖マリア教会」へ。

教会までは手こぎボートで。

ここで結婚式を挙げるカップルは、新郎が新婦を抱えて100段の階段を上るとか。
いや・・・ 無理っす(汗)




昼食は湖畔のレストランでスロベニア特産の生ハムをいただきました。

前菜の生ハム。オリーブオイルのみの味付けでしたが、まったく臭みはなし。
この後、いろんなところで生ハムを食べましたが、ここで食べたものが一番でした。

メインは豚肉のステーキ(?)でしたが、前菜の生ハムの方がインパクトがありました。

デザートのアイスクリーム。盛り付けがおしゃれです。


午後からは、バスで2時間程かけてポストイナ鍾乳洞へ。

ヨーロッパ最大級の鍾乳洞だとか。オフシーズンなのに多くの観光客でにぎわっていました。

鍾乳洞の奥まではトロッコで移動(約2キロメートル)。

トロッコを降りると幻想的な世界が。ここから奥へは徒歩で移動します(数キロメートル)。

鍾乳石は10年で0.1ミリメートル程度成長するそうです。

長年の地表変化を経て形成された様々な鍾乳石。
特に「パスタ」と呼ばれる天井からぶら下がる針のようなものが一番印象的でした。

山口県の「秋芳洞」 もすばらしかったですが、規模は桁違いですね。
おすすめのスポットのひとつです。


ブレッド湖畔に戻り、夕食はチトー大統領の元別荘を利用したホテル「VILA BLED」で。


大統領の元別荘ということだけあり、立派なたたずまいです。

前菜のスープ。コンソメスープのようなもので、安心して食べられる味でした。

ドリンクはスロベニアの地ビール「Union」をオーダー。
正直なところ、機内で飲んだドイツの「WARSTINER」の方がおいしいですね。
薄い感じで日本のビール好きにはちょっと物足りないかもしれません。

メインの鱒(マス)料理。川魚特有の臭みや小骨は一切無く、今回の旅行のなかでは一番おいしかった気がします。

デザートのアイスクリーム。
やはり高級ホテルのレストランというだけあり、料理と接客のレベルは高かったです。

初日から盛りだくさんのスケジュールで、さすがに疲れました。
この日もHOTEL GOLFに連泊。明日は晴れることを願いつつ、眠りにつきました。

→ 美しきクロアチア・スロベニア9日(3日目)へ















0 件のコメント:

コメントを投稿