2011年8月2日火曜日

TTSトップブリッジ装着

SP17では定番のTTS製アルミトップブリッジを入手しました。

左がTTS製アルミトップブリッジ。右が純正のトップブリッジ。厚さが大きく異なります。



純正は薄っぺらい鉄板で、フロントフォークの突き出しは不可能。

うん!かっちょええ!!
贅沢を言うとハンドルも換えたいところ。

先に取り付けていたTTS製スタビライザーと合わせてフロント周りの剛性強化はばっちり。
スタビライザーは明らかに違いが体感できましたが、トップブリッジの効果はいかに?

次回の走行でテストします。

4 件のコメント:

  1. 俺なら突き出し調整できるTOPブリッジにするなぁ~

    返信削除
  2. 44さん>
    ブログに変えてから初のコメント。うれしいっす~
    一応、TTSのやつは突き出し可能になってます。ただ、純正のハンドルを使ってるんで突き出しできないんです。。。。
    NSR50は突き出しいじってるんですか?

    返信削除
  3. 俺はいじってないよ
    ただ・・・前期フレームに後期サスだから見た目は突き出し20mmくらいでてるw

    現実には前期ディメンジョンからすると0mm突き出しなんだけどね

    俺は開けてなんぼな乗り方だから突き出しはあんまり好きじゃないんだよね

    返信削除
  4. 44さん>
    なるほどー 前期と後期の組み合わせでいろいろ変わるんですねぇ。NSRといいNSといい、ミニはマニアックな組み合わせがたくさんありますね。

    返信削除