2010年12月23日木曜日

フロントフォーク シートパイプ加工

NS50F のフロントフォークは減衰調整機構がないため、

ノーマルだとポヨンポヨンです。

そのため、コーナーの出口でアウト側に膨らむ傾向があります。
ミニバイクレースでは、フロントフォークのシートパイプを加工して
減衰力を調整することが定石だそうです。

加工には溶接機が必要なのでFineVehiclesのやまねっちに作業を依頼しました。


加工前。大きな穴が 2 つ開いています。


加工後。↑の穴を溶接で塞ぎました。


反対側に 1 mm の穴を新たに開けました。


フォークオイルは YAMAHA 純正オイル(10 番)を使用。
油面は 135 mm で様子を見ることにしました。

どれぐらい変化があるのか、次回の走行が楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿