2010年12月23日木曜日

フロントフォーク シートパイプ加工

NS50F のフロントフォークは減衰調整機構がないため、

ノーマルだとポヨンポヨンです。

そのため、コーナーの出口でアウト側に膨らむ傾向があります。
ミニバイクレースでは、フロントフォークのシートパイプを加工して
減衰力を調整することが定石だそうです。

加工には溶接機が必要なのでFineVehiclesのやまねっちに作業を依頼しました。


加工前。大きな穴が 2 つ開いています。


加工後。↑の穴を溶接で塞ぎました。


反対側に 1 mm の穴を新たに開けました。


フォークオイルは YAMAHA 純正オイル(10 番)を使用。
油面は 135 mm で様子を見ることにしました。

どれぐらい変化があるのか、次回の走行が楽しみです。

2010年12月12日日曜日

ラジエータ交換

希少なNS50R用ラジエータを入手しました!


NS50Fの純正ラジエータは容量が小さいため真夏は熱ダレを起こすとか。
ビジュアル的にもイケてませんし(笑)

やはり、これぐらいの容量は欲しいですね。
NS50Fの車体に無加工で取り付け可能です。

NS50R用ラジエータはホースの取り回しが専用設計なので、
NSR用を流用することができません。



うん!かっちょエエ!!

2010年12月11日土曜日

バックステップ装着

ノーマルステップだとバンクさせるとステップを擦るので
社外のバックステップを付けることにしました。

ノーマルはフレームに直付けタイプ。コケるとフレームごと曲がってしまうとか。

レーサータイプのNS50Rと異なり、
NS50Fのバックステップ化にはフレームの加工が必要です。


まずは両方のノーマルステップを外します。


フレームの加工にはグラインダーを使います。
金ノコでも不可能ではありませんが、相当根気が必要かと・・・・


左側の加工。赤線のように縦に切断します。


右側の加工。赤線のように切断し、きれいなパイプ状になるようにします。
これがかなり難しいです。


錆止めのために切断面をサインペンで塗っておきます。
(本当は補修用のタッチペンがベストかな?)



ステッププレート(メーカー不明)&バックステップ(TTS)を装着します。

加工面はいい感じで隠れて見えません。


チェンジペダルはNSR50純正品に交換しています。
NS50F純正品と比べて若干長くなっています。



バックステップを装着してだいぶレーサーチックになってきました。

2010年11月27日土曜日

マスターシリンダーガード装着

ライコランドの商品券2000円が余っていたのでマスタシリンダーガードを購入しました。


2100円也。



もともと手作りのガードを付けていたのですが、ビジュアル的にちょっと・・・・



ガードを外すとこんな感じ。ねじを1本外します。



装着するとこんな感じ。
赤の車体に青のアルマイトボディはどうかと思いましたが、
TTSのスタビライザーとマッチして良い感じです。

転倒するとズタズタになるのでコケないようにしなければ・・・・

2010年11月14日日曜日

GPSロガー(747PRO & LAP+)テスト

桶川スポーツランド(旧コース)でGPSロガー(747PRO)をテストしてきました。
結果は想像以上に良好!分析結果は今後の練習に十分活かせそうです。

天気は曇り。路面コンディションはドライ。気温15度~25度。



3カ月ぶりの走行。


■LAP+のインストール
747PROはあくまでロガーです。
収集したデータを解析するには専用のソフトウェアが必要になります。
お勧めはサーキット走行データ解析に特化したLAP+(ラプラス)。なんとフリーウェアです!

最新版のダウンロードはこちら

※使用前に747PROをLAP+用に初期化しておくことをお忘れなく!

公式サイトのマニュアルはこちら


■ロガー本体を取り付ける

GPSロガー747PRO


GPS衛星との間に障害物がない方が高精度で記録できるそうなので、シートカウルの上にロガーをテープで固定。


■走行データ収集
あとはロガーのスイッチを入れて走行するだけ。
振動を感知して自動的に計測を開始してくれるので、
一度スイッチを入れてしまえば一日中放置でOK。
バッテリーの持ちも良いので、一日中電源ONで問題ありません。

でも、くれぐれも転倒にはご注意を・・・・


■走行データの取り込み
1. LAP+View.netを起動する
2. 747PROをUSBケーブルで接続する
3. 自動的にデータ取り込み処理が始まります

データ量によりますが、半日の走行データであれば、1分弱で取り込みが完了します。

こんな感じで収集した全データが一括で表示されます。
この図ではすべての走行軌跡、速度、バンク角が表示されています。


任意の場所に光電管に追加します。
複数個所に光電管を追加することで区間タイムの分析も可能です。


こんな感じでラップ毎のデータが表示されます。

この図はこの日の上位3ラップを比較したものです。
ラップ毎の以下のデータを重ね合わせて視覚的に比較することができます。

【計量値(サンプリング周期は0.2秒)】
・走行ライン(位置データ)
・速度
・バンク角

【統計値】
・最高速度
・最低速度
・平均速度
・ラップタイム(ラップタイマーとの誤差は0.1~0.5秒)

さらにすごいのは、走行ログをアニメーションさせて再現することができます。
百聞は一見にしかず。↓の動画をどうぞ。



自分より速い人のデータと比較することで、自分の走りとの違いを定量的に分析することができます。

こりゃ~便利!!


さらにさらに!
LAP+ Analyzer Web extensionを利用すると、走行ログを自動で解析し、レポートをPDFで出力してくれます。


また、Googleマップと走行軌跡を重ね合わせてラインを確認するなんてことも。

まぁ、誤差が結構あるので、この機能は参考程度かな。


あ!データ分析の甲斐があってなのか、旧コースの自己ベスト更新です

44秒67 → 44秒211

分析結果からラップ毎にラインやブレーキングポイントにばらつきがあることが分かったので
まずはそこから改善するのが自己ベスト更新の近道かな。


■おまけ
Androidケータイをお持ちの方であれば、
LAP+Fourというアプリを導入することでPC無しで手軽に走行データを解析できるみたいです。
これだけでもAndroidケータイ欲しいなって思っちゃいますね。

2010年11月7日日曜日

GPSロガー購入

やまねっちに触発されてGPSロガーなるものを衝動買いしちゃいました。

トランシステム社製 747PRO



充電&データ転送用USBケーブルとシガーソケット用のDCアダプタが付属しています。

LAP+というフリーウェアと組み合わせることで、
・速度
・走行ライン
・ブレーキングポイント
・バンク角
・ラップタイム
(四輪の場合はドリフトアングル等も記録できるとか)

などを記録することができるそうです。
既に利用している方も多いようで、全国各地のサーキットでの走行ログがWeb上にアップされています。

自分の走行ログを定量的かつ視覚的に分析できるという代物です。
速い人の走行ログと比較すると自分の弱点が分かるはず!?

これだけの機能がなんと1万円弱で手に入ります。

来週末桶川で試してきます!

2010年10月31日日曜日

蛍光灯照明設置

マイプラントのLED照明だけでは光量が足りなかったので、
ホームセンターで熱帯魚飼育用の蛍光灯を購入しました。


3980円也。



消費電力は11W。対してマイプラントは1.6Wなので、いかにLEDが省電力なのかが分かります。



アルミラックの上部に設置。効果の程は後日また報告します。

2010年10月24日日曜日

劇場版 機動戦士ガンダム00

公開中の映画「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」を観てきました。

初めて観たガンダムがTV版の「機動戦士ガンダム00」。
次に観たのが「機動戦士ガンダムSEED & DESTINY」。
そんでもって、最後が元祖「機動戦士ガンダム」。

観る順番が逆転していて、28歳のSFアニメ好きとしては珍しいんじゃないかなぁと・・・(笑)
個人的には、最初に観たダブルオーが一番好きかな。

年上の世代からは、「ファーストガンダムが一番!」という声をよく聞くけど、
今観ると、古臭さは否めません。
やっぱり最初に感銘を受けた作品が基準となって、それに感情移入してしまうのだと思う。



さて、肝心の劇場版ですが、残念な内容でした。




PVは立派で面白そうなんだったのになぁ・・・・・。

ひたすらビームが飛び交うだけの観てて疲れる映画でした。
あれは、ガンダムというより、「インデペンデンスデイ」、「2012」のようなパニック映画ですね。
ガンダムの醍醐味である対モビルスーツ戦や、敵側の人間との駆け引きは一切ありません。

BD & DVDが出るまで待ってばよかったかも。(2010年12月25日発売)
http://www.gundam00.net/product/index.html

つーか、BD & DVD発売早すぎじゃ・・・・!?

2010年10月22日金曜日

チンゲン菜発芽

二日前に種をまいたチンゲン菜が発芽しました。



種まき翌日



種まき二日後


たった二日でうじゃぁ~っ!!っと発芽。

時間単位で芽が伸びていくので、観ていて楽しいです。

2010年10月18日月曜日

植物育成LEDライトの効果

水菜の屋内ペットボトル水耕栽培を始めて9日目。
さっそく植物育成LEDライト(マイプラント)の効果が現れました。
http://eco-guerrilla.jp/?pid=8321134




右は植物育成LEDライト有り、左は無し(屋内の蛍光灯のみ)。
ついにライト無しの方が枯れてしまいました。


水菜の芽が増えてきたこと、ペットボトル水耕栽培にカビ等の問題が発生したことから
プランター&土での屋内栽培に切り替えることにしました。





ついでにベランダで育てていたベビーリーフとイチゴも屋内でのLED栽培化しました。
  




植物育成LEDライト(マイプラント)そのままの構造だとアルミラックとの組み合わせに不都合があったので少し改造しました。


こんな感じでLEDがついています。



とりあえず全バラ



アルミラックのサイズに合わせて配線を延長



LEDが搭載されている基板を任意の場所にタイラップで固定して完成
手抜きです・・・・(笑)


非常にシンプルなものなので、同等の高輝度のLEDが手に入りさえすれば、自作も可能だと思います。
ただ、高輝度LEDは高価なので、なかなか量産化&低価格化が進んでおらず、一般農家への浸透はあまり進んでいないのが現状のようです。

2010年10月11日月曜日

水菜発芽&カビ発生!

5日前に植えた水菜が発芽しました。



左はペットボトル水耕栽培で、右は通常の土壌栽培です。
今のところはどちらも同じぐらいの早さで成長しています。




ペットボトルに貯めている液肥にカビが発生していました。
市販の土壌栽培用の液肥を使用しているのですが、これがまずいみたいです。

水耕栽培専用の液肥を買うかぁ・・・・
http://www.eco-guerrilla.com/SHOP/6.html

また、ポンプを使って液肥に酸素を送り込んで循環させることも有効らしいです。

2010年10月9日土曜日

植物育成LEDライト

室内栽培用に植物育成LEDライトを購入しました。
http://eco-guerrilla.jp/?pid=8321134




光合成に必要な光を集中的に照射し、太陽光が入らない室内でも植物を育てられるという代物です。

LEDなので消費電力は少なく、電気代は約17円/月だとか。
タイマーもセット可能なので、昼間と夜間の環境を人工的に作り出すことが可能です。

効果の程は後日報告します。

2010年10月8日金曜日