2018年5月3日木曜日

OCF x SLiCマルチシートポストレビュー

昨年末に自転車屋ビッちゃん発売された「OCF x SLiCマルチシートポスト」。半年ほど使ってみた使用感をレポートします。

通常、ストライダー純正サドル&シートポストは角度を変えることができないのですが、このパーツを間に挟むことで可変機構を付加することができます。

ちなみに自転車の多くはこのような櫓(やぐら)構造になっていて、最初からサドルの前後・角度を変えることができるようになっています。

はなまる輪業ヘッドパーツレビュー④(6か月間の実走を経て)

前回の記事からだいぶ日があいてしまいましたが、これまで複数回にわたってレビューしてきたはなまる輪業ヘッドパーツ。自分なりの結論が出たので書き記していきます。


<過去の記事>
はなまる輪業ヘッドパーツレビュー①(取り付けについて)
はなまる輪業ヘッドパーツレビュー②(重量について)
はなまる輪業ヘッドパーツレビュー③(ハンドルセッティングへの影響について)
はなまる輪業ヘッドパーツをスーパーストライダーにつけてみた

第3回の記事で書いたセルフステアが効きすぎる件直線でふらつく(車体が左右に振れるのではなく、ステアリングが切れてしまう)のと、コーナーの進入で舵角が定まらずにぎこちなくなってしまうということが課題でした。
前者については、確実に推進力のロスに繋がっているので対策は必須。後者については、ある程度乗り手の慣れで修正できたものの、結果的にセッティングで対策ができたというのが結論です。

2018年5月2日水曜日

はなまる輪業INNOVAスリックタイヤレビュー②(実走編)

はなまるスリック実走編。毎度のことながら、あくまで個人的主観とテンマのレベルでの走行データとインプレッションに基づくものなのでご参考までに。
※空気圧はいずれも規定値MAXの410kPaで使用。

■ストレート

まずは、ストレート。以下は40mダッシュのタイヤ別比較。結論から言うと、はなまるスリックの効果は絶大で、初速、最高速度ともに他のタイヤのデータを大きく凌駕。
HS-140では20km/hあたりで最高速度が頭打ちだったものが、22.7km/hまで到達。

横軸を時間(秒)で見たグラフ。HS-140ではスタート後20km/hに到達するのに4秒ぐらいかかっていたものが、2.5秒ぐらいまで短縮。スタートダッシュが命のランバイクレースではかなり有利にはたらく可能性があります。
非力なテンマの場合、タイヤの重量による違いは顕著でHS-140とBIG APPLEの比較でも差がありました。重量だけでなく、コンパウンドの違いによる転がり抵抗の差もあるのかもしれませんね。
このスピードレンジまでであれば、はなまるスリックの優位性は間違いなさそう。ただし、25km/h以上となるオープンクラスの走りでどうなるかは分かりません。

<参考>
SCHWALBE BIG APPLE:約265g
SCHWALBE HS-140:約235g
DURO:約210g
はなまるスリック(INNOVA):約178g